回転木熊のグルペット

真紅のWilierにまたがって栃木の田舎道をぷらぷらしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【タイヤ】Continental GRAND PRIX 4-SEASON 23c インプレ

grandprix4season.jpg
後輪で2000km使用後の4-Season。サイドまで回り込んでいるDuraskinが目立つ。

公称220g、実測230g。Made in Germany。
トレッドは丸型。ビードはきつい。後輪2000km経過時点でパンク無し。特徴的なトレッドパターンはGP3000と同じ。

転がり抵抗はGP4000sと比べると4-Seasonの方がだいぶ重い。グリップはドライ・ウェット共にかなり良好。単体で触るとトレッドもサイドもしっかりした造りだが、乗り心地は4000sと同じくらいしなやか。
トレッドセンターはわりと順調に減っており耐久性は普通よりやや良い程度か。トレッドゴムが4000sより柔らか目なのかもしれない。それでも後輪で4000kmくらいは持ちそうだ。

ダブルブレーカー+Duraskinとトレッド表面キズの少なさが相まって耐パンク性の安心感はかなりのもの。"4シーズン"を名乗るだけあって低温グリップの良いトレッドゴムはウィンタータイヤとして好適。全体的にベースとなっているGP3000に似ており、一世代前のタイヤという印象は強い。GP4000ベースの4-Seasonが欲しいところ。

【タイヤ】Continental GRAND PRIX 4000S 23c
【タイヤ】Continental GRAND PRIX 4000S 23c その2
【タイヤ】Continental GRAND PRIX 3000 23c

※その他関連記事→自転車用品【タイヤ】
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kaitenmokuma.blog71.fc2.com/tb.php/349-b6e14354
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。