回転木熊のグルペット

真紅のWilierにまたがって栃木の田舎道をぷらぷらしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ケミカル】FINISH LINE "CERAMIC WAX LUBE"

FinishLine_CeramicWax.jpg

愛用していたWHITE LIGHTNINGの"ORIGINAL"(マイチェンして"CLEAN RIDE"に名称変更済)と同"EPIC"がなくなりかけたのでお店で注文したのだが、輸入代理店で欠品しているという返事。

ホワイトライトニングでワックス系の使い勝手を気に入ったので同系統のモノを試してみたい所。ワックス系と聞いてすぐ思い浮かぶのはフィニッシュラインのクライテックだが、あれは非常に持ちが短かった。他に何か無いかな~と探してみるとフィニッシュラインがセラミック・ワックス・ルブという製品を出している。メーカーとしては耐久性を謳っているのでどんなもんかと購入してみた。

使い方はとりあえずワックス系の基本作法通りにしてみる。
・洗浄脱脂したチェーンに1周分くらい塗布。最初の重ね塗りはしても1回で充分そう。
・ギアチェンジして一通り行き渡らせたあと、初走行の前に乾燥時間を置く。
・最初の1~2クールはだいたい100kmごとに重ね塗り(ベースを作るつもりで)。カラ拭きOK。
・その後はだいたい300~400kmごとに重ね塗り。カラ拭きOK。
といった感じ。細かい注意点はWHITE LIGHTNINGの記事を参照のこと。

実際の使用感をホワイトライトニング・オリジナル(以下WL)と比較しつつ…
・塗布前の粘度はセラミックワックス(以下CW)、WLともにサラサラ。
・初期のチェーンの汚れにくさはほぼ同等。
・ワックス系特有の残りカスはWLがポロポロしているのに対し、CWは固くてしっかりした感じ。
・CWの方が残りカスが溜まる量が多い。汚れが溜まったと感じたら、重ね塗りの前にパーツクリーナーを噴いたウエスでチェーンサイドを軽く拭き取ってやると良い。
・耐久性はWLがやや優れる。
・いずれも1000km以上本格的チェーンクリーニング要らず。
・CWのウェット性能はとりあえず30km程の雨中走行では油ぎれは起きず。
・低温下では双方とも固まりやすい。冬期は塗布前に暖かい場所に放置した方が良い。
といったところ。

やはり「チェーンは常にピカピカでもないがドロドロでもなく、本格的クリーニングの頻度が大幅に減らせる」のは魅力。ホワイトライトニングの代替品としては及第点か。
というワケでしばらくはこのセラミックワックスを使ってみようと思っている。

【追記】
一瓶使ってみて、潤滑性・耐久性・防汚性いずれもWHITE LIGHTNING "CLEAN RIDE"の方が優れているので結局ホワイトライトニングに戻った。

【ケミカル】WHITE LIGHTNING "ORIGINAL" & "CLEAN RIDE"
【ケミカル】WHITE LIGHTNING "EPIC"
【ケミカル】VOO DEW
【ケミカル】RESPOチェーンスプレー ほか
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kaitenmokuma.blog71.fc2.com/tb.php/341-95798e92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。