回転木熊のグルペット

真紅のWilierにまたがって栃木の田舎道をぷらぷらしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【タイヤ】Continental GRAND PRIX 4000S 23c インプレその2

※前回の記事→【タイヤ】Continental GRAND PRIX 4000S 23c

grandprix4000s_rear4500km.jpg
後輪オンリーで4500km使用したGP4000S。2つの窪みはクルマで言うスリップサイン。

リアタイヤに使っていたGP4000Sが4500kmを経過した。その間金属片を踏み抜いての貫通パンクが1回。

トレッド面に彫られているインジケータを見るとあと500kmくらいは使えそうな気もしたが、見た目がだいぶ台形になってきたのと、DUROのようにギリギリまで高い耐パンク性を発揮してくれるかどうか未知数なので交換することに。
タイヤを外してトレッド面を指で挟んでみると、ケーシング層まで0.5mm強くらいは残っていそうな感触だった。このようなインジケータはなかなか便利なので他のタイヤも採用して欲しいものだ。

全体の印象は前回のブリーフインプレからあまり変わらない。GP4000Sは、グリップの高さと転がり抵抗の低さを鑑みると充分にロングライフなタイヤと言えそうだ。値段の高さとトレードオフになる耐久性とまではいかないが、乗り味の良さと耐久性と価格が高い次元でバランスしていると思う。この前に使っていたDURO PTより寿命が1000kmほど長く、乗り心地も悪くない。耐パンク性は問題ないレベル。トレッドの厚みに比してサイドが薄めなので砂利道に突っ込む時に気を使うくらいか。

久々に履いたコンチネンタルのタイヤが気に入ったので、次はより悪条件に強そうなGRAND PRIX 4-Seasonを後輪に使ってみることにした。

※【タイヤ】Continental GRAND PRIX 4-SEASON 23c
※関連記事→自転車用品【タイヤ】
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kaitenmokuma.blog71.fc2.com/tb.php/333-9feddc6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。