回転木熊のグルペット

真紅のWilierにまたがって栃木の田舎道をぷらぷらしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨上がりにfunrideコースを走ってみる



雨が上がって陽が差してきたので15時過ぎに軽く流しに出た。
時間がないのでfunride.jpでブリッツェンの廣瀬選手が「SHIHOの"この人と走りたい”―宇都宮編―」で走っていたコースの一部を辿ってみることにした。

いつものように文挟街道を西進し、小来川を周回する時に右折する三叉路を折り返すように左折して鹿沼方面に向かうと下り基調の緩斜面が続く。埋設管をイジった後の路面補修がヘタで丁度自転車の走行ラインが荒れている区間があるのでラインを外して走行。
板荷の駅を過ぎて鹿沼環状線と交わるト字路で左折し、環状線の「武子」の信号を再び左折。環状線のこの辺は道幅が広くて走りやすく、古峰ヶ原に行く時によく通るルートだ。
田舎道を1kmも走らないうちにウェルサンピアの施設が見えてくるので手前でまた左折。1990年自転車世界選手権のスタート&ゴール地点を通って文挟街道に復帰。
funride.jpでは観光っぽく大谷観音も回っていたがそこはカット(笑)

なるほどこれなら高低差が100m程度(自宅から約150)の楽なコース取りだ。板荷の跨線橋の手前に短い登りがあるぐらい。大型車の通行が多い国道293号も通らなくて済む。板荷~鹿沼の県道は道幅が狭いので普段あまり使わないルートだったが、交通量が少ないので下りメインで使うなら問題なさそうな雰囲気。文挟~見野間は行川沿いの裏道もあるのだがちょっと路面が荒れている。

この辺をショートで走る時は北回りのループを使っているのだが、そっちよりアップダウンが少ないのでイージーやスピード練に良いかもしれない。何より気分転換になる。
新コースを開拓して走行44km。北回りよりちょっと短い。
関連記事

コメント

・「新しい」コースを走るってのは、なんとなく「楽しい」ものですよね。 
・日が「伸びて」来たので、15時からでも走れちゃうんですね。

  • 2009/02/25(水) 19:25:16 |
  • URL |
  • へばな #-
  • [ 編集]

>へばなさん

そうですねぇ。どうしてもマンネリになりがちですもんね。
今回のルートで普段通らない区間は実質10kmくらいなんですけど、
それでもちょっとだけ新鮮でした~

  • 2009/02/26(木) 19:57:41 |
  • URL |
  • 木熊 #leF2ecbc
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kaitenmokuma.blog71.fc2.com/tb.php/280-5cd7c170
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。