回転木熊のグルペット

真紅のWilierにまたがって栃木の田舎道をぷらぷらしています。

T. R. A. P.

080812_amayadori.jpg
トマト直売所で雨宿り。もうすぐ夕立が上がる。

久しぶりに時間が取れて走りに出てみたら見事に夕立につかまるトラップが発生。
仕事と気候と体調がどうもうまく噛み合わない。スイムを多めにして誤魔化す。
50km走って今月の走行は未だ183km。

オリンピックはロードレースのコース設定がイマイチ単調だったような。予想通りイタリアとスペインが強く、最後のカンチェラーラがスゴかった!ってとこでしょうか。シュレクの着てたルクセンブルクのジャージはカッコ良かったですね。あと中継の技術レベルが低いのが気になりました。

そして、クレー射撃の中山選手が気になっていたので昨日一応録画しておいたら思いのほか面白い展開になっていて釘付け。

中山選手が出るのはクレー射撃の「トラップ」という種目。シューティングレンジの15m先から左中右の三方向にランダムに飛び去っていく直径11cmのお皿を散弾銃で撃ち落とす競技です。このお皿(クレー)の射出機をTRAPと呼ぶみたいですね。

中山は予選の75発中67発的中して6位ギリギリで決勝進出。決勝は予選1位通過のフィンランドのマケラヌンメラ選手が逃げ切る。マケラヌンメラマケラヌンメラ。

通算100発撃ち終わって3位以下が4人同点で横並び。サドンデス方式のシュートオフに進みます。中山を含む3人が一巡目を外してアメリカのコグデルが3位。中山は惜しくも4位に。

いやぁ今回のオリンピックで一番ドキドキしたっす。弛緩→集中→弛緩のリズムが小気味好い。ちょっとやってみたいかも。

それにしても射撃競技なんて銃大国のアメリカが圧倒的に強いのかと思ったらそうでもないみたいですね。意外でした。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kaitenmokuma.blog71.fc2.com/tb.php/218-2d273a80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)