回転木熊のグルペット

真紅のWilierにまたがって栃木の田舎道をぷらぷらしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【コース紹介】古峰ヶ原(こぶがはら)

鹿沼街道~古峰原街道~古峯神社~古峰ヶ原高原


中級山岳コースの宝庫である栃木県西部の中で中心的ポジションを占める古峰ヶ原。宇都宮市街地から西北西に30kmほど向かった前日光県立自然公園の中のコースです。
ゆるやかな上り基調の古峰原街道を大芦川に沿って走っていると、よく街道練習中の競輪選手と出会います。またシーズン中には清流大芦川で多くの太公望が釣り糸を垂れているのが見られます。

古峯神社(ふるみねじんじゃ)の一の鳥居をくぐると道は本格的に上り始めます。
とは言っても古峯神社までの約5kmは平均斜度6%程度の適度な上り。舗装も綺麗で2車線の部分も多く快適に走ることが出来ます。

古峯神社には日本武尊が祀られており、また天狗信仰の盛んな所でもあります。未見ですが古峯園という日本庭園が隣接しています。
参道には数件のお店もありますし、休憩がてら参拝しておきましょう。この付近で標高700m弱。

050929_hurumine.jpg
古峯神社・四の鳥居

さて、古峯神社を過ぎて更に上ると舗装が荒れ始め、勾配もキツくなってきます。途中から未共用区間になるので半分閉まったゲートを抜けて進みます。
古峯神社から終点の古峰ヶ原高原まで約5km、平均斜度は10%弱、最大斜度は14%程度です。

散らばっている小石を避けつつペダルを踏むとやがて古峰ヶ原高原に到達。舗装されているのはここまで。未舗装路はこの先にも伸びています。この地点で標高は1100mちょっと。こじんまりとした東屋があって目の前には古峰ヶ原湿原が見渡せ、5月中旬から6月にかけてはツツジが見られます。
※2008年11月にこの先が舗装整備・全線共用され、粕尾峠まで抜けられるようになりました。

kobugaharakougen.jpg
古峰ヶ原湿原

最近、古峯神社の分岐から南に向かって伸びる前日光林道が整備されて開通したので、粟野周辺の舗装林道、あるいは粟野と足尾を結ぶ粕尾峠周辺とのアクセスも良くなりました。

ちなみに、一の鳥居から神社に向かって上らずに分岐を北に向かうと、大芦渓谷という地味な紅葉の名所もあったりもします。

051112_ooashi.jpg
大芦渓谷・白井平橋

ヒルクライムするもよし、のんびりサイクリングするもよし、ということで個人的によく訪れるコースです。

※前日光林道・前日光線(古峯神社~山ノ神)はこちら
※前日光林道・河原小屋三の宿線(古峰ヶ原一の鳥居~滝ヶ原峠)はこちら
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kaitenmokuma.blog71.fc2.com/tb.php/177-edea247e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。