回転木熊のグルペット

真紅のWilierにまたがって栃木の田舎道をぷらぷらしています。

シェエラザードから諫山実生まで

R.コルサコフの「シェエラザード」を各種聴き比べてみました。
手持ちのオーマンディ盤のVnがヘタっぴなのに愛想が尽きまして。
最近入り浸りの図書館でデュトワ/OSM、チョン/バスティーユ、ロストロポーヴィッチ/パリ管があったので早速借り出し。
というか、アンセルメ/ロマンド管とかプレヴィン/VPOとかコンドラシン/ACOとかの重要な音源が無いんですがっ!>某市立図書館さま
チョン盤は平凡、ロストロポーヴィッチ盤はメンゲルベルクのマーラーみたいにデフォルメしまくり、デュトワ盤はやっぱりバランスが良い。この曲はVnの優美さと管の咆吼が上手く噛み合わないと気持ち良くないわけで、その点デュトワはさすがです。と思ってAmazon見たらデュトワ盤が今は廃盤らしい…。
違う図書館にあるゲルギエフ盤借りてイマイチだったら、基本のアンセルメ行っとくか… デッカのステレオ初期録音のリマスターだから音良いだろうし… コンマスで言えばVPOかACOなんだけどな…

なんつって4回連続でシェエラザードを近所のヒトに聴かせて(すいません)異国情緒にどっぷり浸った後は、正統派な日本の女性ポップスが聴きたくなったりして。

以上長い前フリ。

そこで、諫山実生(いさやま みお)の「ハナコトバ」ですよ。「動物のお医者さん」のTVドラマ主題歌だった曲が入ってるアルバムです。

何が良いってまず声質が好き。そりゃ男子が女子の歌聴こうってんだから、ちょっと声聴いただけでゾクゾクするようじゃなくちゃいけません。3曲目の「ふたり」という曲などはフェイ・ウォンの「天空」あたりを想い起こさせる節回しも聴かせます。

それから構成選曲の巧さ。荒井由美と小田和正の佳曲に「竹田の子守歌」とカバー3曲に自作曲5曲で、計8曲・36分という短さ。これが箸休めにはピッタリ。

あとはこのヒト東芝EMI所属なので見事にCCCD禍に巻き込まれてるんですが、3枚出てるアルバムの中でコレだけ本物のCD。この点も安心。

恐らくセールス的にはお話にならないヒトだとは思うのですが、東芝EMIには最後の良心を振り絞ってこういう人材をじっくり育てて欲しいものです。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kaitenmokuma.blog71.fc2.com/tb.php/124-92d3fcaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)