回転木熊のグルペット

真紅のWilierにまたがって栃木の田舎道をぷらぷらしています。

【タイヤ】Bridgestone EXTENZA RR2X 23c インプレその2

※その1→【タイヤ】Bridgestone EXTENZA RR2X 23c インプレ

101112_RR2X1.jpg101112_RR2X2.jpg

後輪で2700km使用したRR2Xだが、数カ所で摩耗インジケーターのカラーゴムが露出し始めた。初めて使うタイヤは早めに交換することにしているのでさっさと同銘柄に交換。
ちなみにここまで前後ともノーパンク。

101112_RR2X3.jpg
※全てクリック拡大

切り裂きテストを兼ねて切ってみるとカラーゴムの厚みは0.5mmほどある。この分ならあと500kmは走れそうだったのでちょっと勿体ない。カラーゴムが全周にわたって露出してから交換しても充分間に合いそう。
断面を見るとタイヤサイドの構造は普通だが、トレッドセンター部のケーシングは積層が分厚い部類に思える。新品時に触って感じたセンターの厚みはこれが要因かも。

摩耗に関しては初代DUROより長持ちでDURO PTといい勝負になりそう、といったところか。ケーシングが見えるまで使えば僕でも後輪で3000kmは超える。
尤もトレッド面のゴムを厚くしたRR2LLというタイヤも発売されるようなので、ロングライフを求める人はそちらを、というのがブリヂストンの意向だろう。

全体の印象は初回インプレと同じく「とにかくクセのないタイヤ」という感じ。
「転がりが…」とか「グリップ感が…」とか「乗り心地が…」とか「トレッド面にキズが…」とか、そういう使っていて気になる事柄、というのが特に何も無い。これはある意味スゴいことだと思う。
個人的な好みで言えばショルダーのヤスリ目だけは要らないのだが(ロード用タイヤにおいてトレッドパターンが飾り以上の意味がないことを前提として)。

というわけで引き続きもう1本使用します。
関連記事
スポンサーサイト

大芦渓谷は今週末から来週にかけて見ごろ。―2010紅葉定点観測5―

101111_ogawabashi.jpg
大芦川・小川橋

大芦渓谷へ向かう途中の大芦川沿いもだいぶ色づいてきた。
ただ下流域では普段なら黄葉する木が色づかずに落葉する姿も目につく。

101111_ooashi2.jpg

大芦渓谷の白井平付近はちょうど見ごろに入ったところ。
宇都宮は晴れていたのに山間部は曇天でガッカリ。

101111_ooashi3.jpg101111_ooashi4.jpg
大カエデを左岸と右岸から

大カエデは右岸側(西)から見るとまだ青い部分も多い。

101111_ooashi.jpg

というわけで今週末から来週いっぱいくらいが良さそうな感じ。

クルマでここまで来たらついでに古峯神社の古峯園も綺麗なのでオススメ。
関連記事

今週の大芦渓谷 ―2010紅葉定点観測4―

101105_ooashi2.jpg
大芦渓谷・白井平橋

気温は順調に下がり、服装も秋から冬へ移り変わりつつある今日この頃。
宇都宮で快適な装いで出掛けると山間部で後悔する季節になりました。
重ね着用装備で背中のポケットが満杯です。

大芦川流域もだいぶ紅葉の雰囲気が出てきました。
ところどころに駐車禁止の表示が目につきます。
この辺は人里です。クルマの方は迷惑にならないようにご留意を。

白井平橋過ぎてすぐ右手の空き地は停めて良いのかな?
白井平橋の約1km先に数台分の駐車スペースがあります。
上流の大滝にも数台分の駐車スペースがあります。

101105_ooashi.jpg
関連記事