回転木熊のグルペット

真紅のWilierにまたがって栃木の田舎道をぷらぷらしています。

【アンダー】冬用アンダーウェア三選(CRAFT, ASSOS, UNDER ARMOUR)

081125_winterunderwear.jpg
左がCRAFTのPRO ZERO。中央がUNDER ARMOURのColdGear。
右がASSOSのPOWERSTATIC PLUS。


・CRAFT PRO ZERO CREW LS
ロード乗りの間ではもはやスタンダードになった感さえあるクラフトのプロゼロ。
15℃以下の環境でマルチに使え、保温性と汗冷えの少なさのバランスが絶妙。
ネットに入れて洗濯しても毛玉が出来やすいのが難点。

・ASSOS POWERSTATIC PLUS LS
5℃以下の環境に最適。高い保温性と汗冷えの少なさを両立している優れもの。
たまたま安く手に入ったが、なんといっても価格がネック。

・UNDER ARMOUR ColdGear Longsleeve Crew
アンダーで使うなら10℃以下が目安。単体着用を想定しているため、保温性は充分だが汗抜けはかなり劣る。秋に半袖ジャージと組み合わせる方が相応しいかもしれない。
ナイロンを多く含む生地が丈夫なのは嬉しい。

参考までにアウターとの組み合わせ例を寒さレベルごとに挙げてみると…

長袖ジャージ+クラフト・プロゼロ

長袖ジャージ+ベスト+クラフト・プロゼロ

ウインドストップジャケット+クラフト・プロゼロ

ウインドストップジャケット+アソス・パワースタティックプラス

…みたいな感じで使い分けている。当然ウインドブレーカーやベストは適宜併用する。気温はもちろん運動強度との兼ね合いもポイント。あと、汗戻りによる不快感と冷えへの対策としては夏用のメッシュアンダーの上に冬用アンダーを重ねるのがかなり有効。

他にもアウトドア用などのアンダーウェアを結構持っているのだが、ロードバイク用として優れていると感じられる物はなかなか無い。まず腕のフィッティングが緩いモノは自転車用としては失格。また、吸湿発熱を喧伝する素材は運動量の多い自転車にあまり向かないのではないかと思う。
登りと下りの運動量の違い、平地と山間部の温度差が大きくシームレスであること、常時10m/s程度の走行風に曝され続けることなど、ちょっと特殊な環境であることが難しさの要因かと思われる。そのためにレイヤリングの脱ぎ着で調節するのだが、それでもベースの性能が良いに越したことはないわけで。

毎年のように新素材が発売されたり海外製品が導入されたりするので、次から次へと試したくなるのが困ったものです。

【アパレル】夏用アンダーウェア比較(PEARL, CRAFT, ASSOS)
【アパレル】コンプレッション系ロングスリーブシャツ
関連記事
スポンサーサイト



ニワカ撮り鉄。(ケータイで)

ここのところ古峰ヶ原に通いすぎたのでレギュラーコースの小来川へ向かう。
今日も強い西風だがやや南よりなのが真冬の季節風との違いか。

文挟まで来たところで、ふと、拝読しているBlogのcorse4さんを真似て東武日光線のスペーシアが撮りたくなった。
ちょうど列車が通過するのを見かける時間帯だったので、持ち合わせのケータイカメラで被写体に近寄るべく脇道へ入る。
ほどなくして下り方向の列車が現れた。

081121_train1.jpg
JR新宿発の特急きぬがわ(多分)

それから5分ほどで今度は上りの列車。

081121_train2.jpg
いわゆるひとつのスペーシア

マニュアル連写のためにVGAサイズで撮ったのでいつもより更に画像が汚い。
逆光だったりとかフレーミングとかいろいろ酷いですが平にご容赦を。

その後も、普段トレーニングしている場所で良い画が撮れるポイントはどこかになかっただろうか、などと考えながら走った。つまるところ撮り鉄の楽しみはロケーションハンティングの楽しみなのではないか、と思ったり。

撮影ポイントへのアプローチを考えると、ランドナーやパスハンターと撮り鉄の親和性が高いのも頷ける話だ。
関連記事

紅葉定点観測2008-FINAL ~落葉~

今朝の宇都宮の最低気温は2.5℃。そして強い西風。初冬らしくなってきた。
長袖ジャージにビブタイツ、とウェアも冬装備。
山あいの古峰原街道を10m/sの西風に歯向かいながら大芦渓谷の定点観測へ。

081119_ooashi1.jpg
右岸から見た白井平橋。

大カエデにはまだ葉が残っていたものの周囲の木々はほぼ落葉済み。

081119_ooashi2.jpg

此を以て今季の紅葉定点観測を終了とする(古峰ヶ原にはまだ来るけれど)。
74km走って今月517km。

→紅葉定点観測1
→紅葉定点観測2
→紅葉定点観測3 ~白井平橋の立派なカエデ~
関連記事

紅葉定点観測2008-4 ~大芦渓谷は今が見頃~

→大芦渓谷散策(10/16)

連日の小春日和に誘われて大芦渓谷へふらふらと。時間があったので大滝まで上ってきた。結局10/16以来1ヶ月ぶりの大滝となってしまった。
古峰原街道から大芦渓谷に入ると妙にクルマが多い。一台もすれ違わないことも珍しくないこの渓谷も、紅葉の季節と渓流釣りの解禁日には多少の賑わいを見せる。

081114_ooashi1.jpg
大芦渓谷・白井平橋のカエデ。ケータイでは色が上手く出せず。

今年の白井平橋の大カエデはわりと綺麗に色づいたようだ。

白井平橋を過ぎるとあたりの風景に冬枯れが目立つようになってくる。これは大滝の紅葉には遅かったかもしれない、と思いながら登る。

081114_ootaki.jpg
大芦渓谷・大滝

やはり大滝はかなり落葉が進んだ感じ。ここは先週末あたりが見頃だったかな。

081114_ooashi2.jpg
この時間帯のこのアングルは影が被ってしまう。

というわけで、今週末の大芦渓谷は白井平橋より下流が見頃ですよ~

復路の古峰原街道ではタイミング良くバスを捕まえてらくらく40キロ走行で帰投。
83km走って今月375km。
関連記事

小春日和の里山

最高気温10℃そこそこの日々から一転して北風は強いが気持ちの良い小春日和。
大芦渓谷まで脚を伸ばす時間は取れず、里山を徘徊してきた。

081113_tyouka.jpg
名前を知らない木の紅葉。祠が建っている。手岡にて。

50km走って今月292km。
関連記事

紅葉定点観測2008-3 ~白井平橋の立派なカエデ~

宇都宮市内でも最低気温が5℃近くまで下がるようになった。
紅葉は5℃以下になると一気に進むらしいから良さげじゃない? と思いつついつもの定点観測ポイントへ。

081106_ooashi1.jpg
大芦渓谷・白井平橋。今日は自転車左向き。

081106_ooashi2.jpg
左岸側から見た白井平橋の立派なカエデ。谷底から伸びている。

白井平橋のたもとに立つ樹齢百年とも言われるカエデがだいぶ色づいてきた。
この場所でこんな感じなら大滝周辺はそろそろ見頃かもしれない。
今週末あたりまた来られると良いのだが。

→紅葉定点観測1
→紅葉定点観測2
→紅葉定点観測 FINAL ~落葉~
関連記事

【メンテ】クランク周りの異音対策

ちょっと前からWilierのクランク周辺で異音がするようになっていた。ちょうど右クランクが4時くらいの位置でアウターでもインナーでも1回転につき1回カチッと音がする。自転車に乗っている時に異音がするのは大変気になるもの。

異音の原因は様々で、BBシャフトがスクエアテーパードの時代にはクランクの締め込みが甘いとペキパキ鳴ったりしていた。これには自動車用ブレーキパッドの鳴き止めがよく効く。シマノのオクタリンクやISISのような方式になってもクランクとBBシャフトの取付部分は異音の発生源であり続けた。現在のスルーアクスル方式ではあまりこの問題が起きないようだが。

BBの緩みやベアリングの消耗も当然考えられる原因の一つ。それからペダル周り。クランクへの取付部分の緩みやペダルシャフトの玉当たり&ベアリングの消耗など。あとはサドル周りの異音がフレームに反響してクランク周りから聞こえるというパターンも多い。シートポストのヤグラとサドルレールの接触部分、サドルベースとレールの固定部分など。ヤグラのボルトがグリス切れで締め付けトルクが不足していたりサドルレールが汚れていたりすると鳴りやすい。シッティングで鳴るけどダンシングで鳴らないといった場合にはここを疑うのが近道。

今回の異音はシッティングでもダンシングでも鳴るのでサドル周りはとりあえず除外。ガタも出てないし面倒なBB周りは最後にまわす。次に手を付けるのはペダル周り。とりあえずペダルを取り外して洗浄していると右ペダルに不審な点を発見。

time_rx.jpg

TIMEのRXペダルでは、クリートの金属部分をキャッチする前側にガイドとしてコの字型の金属棒(1)が使われているのだが、このパーツがグラグラ動いている。どうやら(1)を固定している(2)のボルトが緩んでいるようだ。動かしてみると気になっている異音と同じカチッという音がする。トルクスでこの2本のボルトを締めると金属パーツはしっかり固定された。左ペダルもチェックするとやはり(2)が少し緩んでいる。ボルトが緩みきってパーツがどこかに飛んでいってしまう前に気付いて良かった。

早速ペダルを取り付けて試乗してみると異音はすっかり消えていた。右クランクが4時くらいの位置で鳴っていたのはちょうど引き足に移行してペダリングトルクのベクトルが変わるタイミングだからだろう。メンテが大がかりになるBB周りが原因じゃなくてホッと胸をなで下ろした。

こんな異音の原因もあるんだなぁ。TIMEペダルを愛用している人は(SPD-SLの金属プレートも同様の症状があり得るかも)一度チェックしてみても良いかもしれない。
関連記事