回転木熊のグルペット

真紅のWilierにまたがって栃木の田舎道をぷらぷらしています。

【タイヤ】クリンチャータイヤインプレ一旦総括。

この3年ほどの間に使ってきたクリンチャータイヤを集中的に取り上げてきました。
月間1000~2000km走れていた時期もあり、どうせ交換サイクルが短いならと様々なタイヤを試してみて集まったデータです。

使用期間・走行距離・使用感・パンクの状況&タイミングなどを一覧にしてあるメモをまとめただけなので、インプレとしては最低限の内容。既に後継モデルに置き換わっている旧型も参考までに俎上に上げました。
全体的に5~6年前に比べると国産タイヤが随分良くなったなぁ、という印象が強いです。あと最近のヨーロッパブランドの大幅な値上がりは残念ですね。

最後にタイヤの特徴別に分類してみたいと思います。

・耐パンク性、グリップ、コストパフォーマンスを重視するなら
Panaracer EXTREME DURO

・とりあえず高性能タイヤを使ってみたいなら
Continental GRAND PRIX 4000SGRAND PRIX 3000の後継)
Michelin PRO3RACE(PRO2RACEの後継)
Hutchinson FUSION2(FUSION COMPの後継)

・平均的な性能でコストパフォーマンスも重視するなら
Panaracer EXTREME VALIANT EVO2

・サーキットレースやヒルクライムレース専用として使うなら
IRC REDSTORM RBCC

・グリップよりもロングライフ・耐パンク性を重視するなら
Michelin KRYLION CARBON
Panaracer TOURER

といったところでしょうか。
個人的には、月間1000kmを超えて走り込むならコスパでDUROを。1000kmを大きく割り込むならGP4000SかPRO3RACEを選ぶと思います。
なにぶんド素人の記事ですしサンプリング数も少ないですから、話半分で読んで頂ければ幸いです。

なお、印象があまりに悪かったタイヤはあえて採り上げませんでした。ド素人の自分が商品をこき下ろすのもな~、という配慮からです。したがって、名前が挙がってもおかしくないメジャーな商品なのに出てきていない場合は、それなりの評価であった可能性がありますので悪しからずご了承ください。

やっと懸案のタイヤインプレが一段落。次は何を書こうかな。

※その後のタイヤインプレ→自転車用品【タイヤ】
関連記事
スポンサーサイト