回転木熊のグルペット

真紅のWilierにまたがって栃木の田舎道をぷらぷらしています。

やっと今月500km

連日の雨と強風でしばらく乗れなかったので無理矢理時間を作って出撃。
しかしこの北東の風は何なんだ。今日も10m/sは下回ってるけどまだ吹いてるぞ。
丸四日自転車に触っていないと最初の30分は全く脚が回らない。天気が好転したので花粉もしぶとく飛んでいるようだ。この調子だと小来川を回ってもヘロヘロになるだけなので長畑で大沢方面に迂回して平地練とした。

軽く50km乗って今月やっと534km。あかん全然月間1000kmに届きそうにないわぁ。
1000km乗れないと更に体重増えるんだよぉぅ…
関連記事

強風につき、スイム3km。

ようやく雨が上がったのに10m/sオーバーの風が断続的に吹いているため自転車は中止。1ヶ月ぶりに泳ぎに行くことにしました。

久しぶりなのでパドルとプルブイを使ったりしつつウォームアップで500。
旧speedoのハードタイプのパドルは入水とかストロークが狂ってると泳げなくなるのでチェックにもってこい。ターンがしにくいけど。
その後500を10分のゆっくりとしたペースで2000流す。2ビートキックのクロール。
最後にバックとブレストを混ぜながらクールダウンを500。
トータル3000。インターバルとかは無し(笑)

この中身のないだらだらとした泳ぎ方は自分の自転車の走り方と一緒だなあ…
でもたまに水に浮かぶとリラックス出来ていいですね。
関連記事

【タイヤ】Continental GRAND PRIX 3000 23c

grandprix3000.jpg

公称210g。トレッドは丸型。表示より細め。ビードが異様にきつい。

トレッド面が分厚く剛性が高い。グリップ良い。転がりは普通。
3000km使用してパンク無し。トレッド残有り。ロングライフ。

GP3000からGP4000になってビードの異様なキツさが解消されたという情報もあるので、そちらも是非使ってみたい。

【タイヤ】クリンチャータイヤ一旦総括。
関連記事

【覚え書き】ヘルメットのストラップ止め

ヘルメットのストラップをサイズ調整して折り返して余った部分。
あそこをまとめる小物が切れてストラップの端がぷらぷらしている人ってよく見かけますよね。輪ゴムでグルグル巻きにしてたり。

あの小物の代わりとして、ホームセンターで水回りの補修部品として売っているOリングが丁度良いのです。
外径11mm前後が大体合うようです。2コ入りで100円ちょっと。
o-ring.jpg
左がGIROの付属品、右がOリング。

ちなみにサイクルコンピュータのセンサーの固定に同様の大きなOリングを使ってることがありますが、それも同じ場所に売ってます。

まさに小ネタ。
関連記事

【タイヤ】Hutchinson FUSION COMP 23c

fusioncomp.jpg

公称210g。トレッドは丸型。トレッドが分厚くてサイドは薄い。ビードは緩い。

自然なグリップ感で転がりも軽い。乗り心地良い。
1セット3000km使用し落石をハスってサイドカット気味になったのが1回。
パンクは無し。

見た目の通りサイドが弱いのが難点。

【タイヤ】クリンチャータイヤ一旦総括。
関連記事

石渡山には山岳賞もあるでよ。

昨日は撮影のボランティアで全然乗れなかったので今日は夕方練をしてきました。
小来川を回ってから森林公園に行ったらまだスタート/ゴールシーンを撮っている。この監督はどんだけカットを割るつもりやねん。
ストレートを過ぎて古賀志林道を上っていくと二箇所で路面ペイントの作業中。この辺で撮るのね~と思いつつピークを目指していると毎年ジャパンカップで見かける光景が。

080416_kom.jpg

石渡山には山岳賞がちゃんとありました。

レースコースはこのまま左に下っていくのですが、今日は右に曲がって林道をさらに進みます。じわじわと上って古賀志山の頂上をかすめてから城山西小学校方面に一気に下って帰投しました。
関連記事

シャカリキ!エキストラちょろっと参加。

昨日、「シャカリキ!」のセット設営中のところを写真に収めていたら、スタッフに「明日自転車で走るエキストラが足りないから是非来てくれないか」と言われていました。
こんなデブに声をかけるなんてよっぽど困っているに違いないと思い、「仕事の都合が付いたら」ということにしておいたのですが、仕事の都合が付いてしまったのでロケに参加してきました。(一応気を使って画像は無し)

午前中に「レーススタート前にその辺をウロチョロしてるシーン」と「集団スタートシーン」をヒキで数カット撮影。午後は「もう出番ねーだろ」という空気の中、一応スタンバイ中なので杜のてんちょーとかその日に知り合った人達とウダウダしたりちょろっと森林公園を回ったりして過ごしました。その時に「今日も遊んでいる輪工房の店長」さんを発見したのですがBlogタイトルを勘違いする失礼を働きました。面目ないッス。
そのまま日落ちし、結局午前中だけの撮影協力となりました。まぁこの辺はある意味予想通り。

気になる俳優陣の走行スキルですが、今日の撮影だけでは残念ながら未知数。なんせスタートの数カットだけですから。ちなみに自転車はPanasonicでした。

元映像屋としては映画と言うことでフィルム収録現場を最大の楽しみにしていたのですが、残念ながらHDCAM-SRによるビデオ収録(いわゆるハイビジョン制作)。その他の機材もサクラー(ザハトラー)の三脚とか軽量クレーンとか見慣れたものでちょっとガッカリ。最近は映画もビデオ収録が増えましたね。撮られる側としてはこっちのが楽で良かったですけど。

まぁマネージャー役の南沢奈央さん(若手注目株なのだが名前を度忘れしてスタッフに確認)を至近距離で拝めたので良しとします。公式HPには名前が載っていなかったのでちょっと得した気分。
関連記事

シャカリキ!ロケセット建て込み中。

夕方練で古賀志に行ったら映画「シャカリキ!」の建て込みをしてました。
そうか今週撮影かぁ。週末の天気危ないなぁ。
080414_shakariki.jpg

なかなか低予算な雰囲気満点。
ゲロルシュタイナーカップ石渡山市民ロードレース、らしいです。
9月の設定だそうですが桜が残ってます!
原作と設定が全く違うことで非難囂々のこの映画ですが、映画は映画なりに頑張って欲しいと思います。
関連記事

コーチ募集

今日は冬みたいな寒さだし雨だしもてぎのエコクラシックに出てる人は災難だな~。お疲れさまでした。

昨日はあったかくて自転車日和だったのですがテニスに誘われてたのでそっちに。
テニスは小学校高学年から始めて中学~大学までぼちぼち真面目にやっていて、学生時代にバイトコーチもやっていたこともあり、今ではアドバイスする側に回る機会も多いです。球出ししたり「そこでちょっと半身になるつもりで」とか言ってるうちに、自転車でもコーチが居たらいいのになぁ、と思ってしまいました。

僕の場合テニスでのコーチの影響は大きくて、僕のバックハンドスライスは中学~高校で付いていたコーチにそっくりらしいし、社会人になってからジャパンランキングで50位以内に入るコーチに2年くらい付いた時は現代的なパワーテニスを随分学びました。
そのくらい上手くて強い人と打ち合うだけでも盗むところがいっぱいあるし、良いコーチのレッスンというのは毎回ひとつくらい発見があるものです。(ちなみにコーチングのコツは、レベルにもよりますが1回につきアドバイスはひとつに絞ること。一遍にあれもこれもと言うと、どれも身に付かないまま終わってしまいます)

ショップの朝練なんかが比較的スクールの代わりに近い存在なのですが、「店員と客」という立場だと言いにくいこともあるだろうし、お客さん同士でも(知り合いになっても)遠慮はある。他人の走りばっかり見てるってこともないしね。
当然雑誌や本でライディングテクニック的なものも読んだりしますが、そんなんじゃ全然足りないし自分の走りを見て貰ってアドバイスを受けないと意味がない。
本格的なチームなら指導を受けるんでしょうが、実業団チームに入るような実力でもないし年齢でもない。それに競技がしたいというよりも、安全に速く遠くて高いところまで格好良く走れるようになりたい、というのが本音。

別に今のままでも休憩入れれば200kmくらいは走れるし、特に膝が痛いとか腰が痛いとかもない。上りはデブなので遅いですがコンパクトのおかげで全く上れないワケでもない(これは減量が最大の課題)。でもどこかにボトルネックがあって、そこを改善すればもっともっと綺麗に速く走ることが出来るんじゃないか、という幻想は抱き続けている。
ここ3年は年間12000km程度走れているわけだからポジションにしたってそんなに常識外れのものになっているとは考えにくいのですが… 人間の欲望は尽きることをしりません。

ただ、カジュアルに参加できてプロに適切で明確な指導を受けられる場所と機会、というのが自転車にはなかなか無いなぁ、というのが実感です。

言うまでもなくある程度までのレベルに行ったらその先の「速くなる」ためには自分で努力するしかないのは分かっているのですが、その「ある程度」までが難しいんだよね…

などと日当たりの良いコートでプレーしながら考えてしまいました。
関連記事

【タイヤ】Panaracer TOURER 23c

tourer.jpg

公称250g、実測260g前後。トレッドは丸型。パターンは懐かしのヤスリ目。全体的に厚い。ビードはきつい。

まったりとした乗り心地。縦グリップは低め。ロングライフ。
ケーシングも丈夫だがトレッドの厚みで更に耐パンク性を稼いでいる感じ。
2セット目使用中、通算5700km時点で貫通パンク1回(3mm位の三角形の金属片)。

DUROやVALIANTより更に安く、路面凍結で峠を走れない冬場ならコレで充分かな、と思えるタイヤ。

【タイヤ】クリンチャータイヤ一旦総括。
【タイヤ】Panaracer DURO Protex 23cブリーフインプレ
【タイヤ】Panaracer EXTREME DURO 23c
【タイヤ】Panaracer EXTREME VALIANT (EVO2) 23c
【タイヤ】Michelin KRYLION CARBON 23c
関連記事
前のページ 次のページ