回転木熊のグルペット

真紅のWilierにまたがって栃木の田舎道をぷらぷらしています。

スーパーボウル

今年のスーパーボウルのハーフタイムショーはなんとプリンス様である。
にもかかわらず、すっかり忘れていた僕はBSの生放送も再放送も見逃し、深夜の日テレにチャンネルを合わせて驚いた。

スーパーボウルで雨が降っている。

雨のスーパーボウルは初めて見た。
試合はいきなりベアーズのキックオフリターンタッチダウンで始まったものの、雨脚が強まり滑りやすいコンディションの中、マニング擁するコルツが徐々に底力を見せ始める。

といったところでハーフタイム。殿下ご登場。
相変わらず悪趣味な衣装である。大変結構。日テレは試合自体もダイジェストなのでハーフタイムショーなんてわずか3分のオンエア。

しかし「パープルレイン」のイントロが鳴り響いて僕は震撼した。嵐のスーパーボウルはこのために用意された舞台だったのだ!
雨に煙るドルフィン・スタジアムは紫のライティングに包まれ、すっかりパープルレインの舞台装置と化していた。

こんな迷惑な演出を喜んでいたのはプリンスファンだけであろう。

プリンスの呪いの恐ろしさを実感した、もとい世界的な異常気象を実感したスーパーボウルであった。
関連記事
スポンサーサイト