回転木熊のグルペット

真紅のWilierにまたがって栃木の田舎道をぷらぷらしています。

Gregorio Paniagua "La Folia"

Gregorio Paniagua "La Folia" (仏 Harmonia Mundi)

これが古楽テクノだっっ!!??

「La Folia」ってのは「The Fool」というような意味で15~6世紀のスペインで流行った舞曲らしいのですが、テーマがあまりにも大昔なのをいいことに好き放題やってます。

使われている楽器はギターレやヴィオラ・ダ・ガンバ、チェンバロ、フルート、ヴァイオリン等、古楽でお馴染みのものがメイン。

なのですが、シタールやタンブールといったまったく関係ない民族楽器や、工事現場の音やクルマの音、電子音、フリージャズっぽいフレーズなど、奇想天外な組み合わせの音が四方八方上から下から鳴り響く、超Hi-Fi録音。

1982年にこんな作品創ってたなんて、あんたスゲえよパニアグアさん。
関連記事
スポンサーサイト



葉桜の日

一週間前は狂ったように咲き誇っていた桜にも若葉が目立つようになった日曜日。狂った日曜日おれたち二人。
花びらの撒かれた花道ならぬサイクリングロードを自転車でシャーッっと・・・もといドドドドッと駆け抜ける熊一匹有り。

050417_hazakura.jpg


葉桜の下を走っていてふと思い出した。
作家の鷺沢萠さんが亡くなって一年くらいじゃないだろうか。
帰ってきて調べたら命日は4月11日だった。

すっかり忘れていました。ごめんなさい。
ちょっと遅くなったけど、今日はあなたの好きだったビールでも呑みながら(下戸だからミニ缶だけど)、あなたが自らのアイデンティティを賭して書いた「葉桜の日」を読みます。

サギサワさん、今年も桜は綺麗でしたよ。そっちはどうですか?
関連記事

AORアルバム・カヴァーアート

3ヶ月ほど前に作ったデスクトップ用画像Jazz編に続いて今度はAOR編を作ってみた。

AORつーと夏!海!空!みたいなノリで爽やか~なイメージ。鈴木英人のイラストなんかも多かったりしたけれど、意外とモノクロも多いよな、ってことで今回は「モノクロしばり」で。

050403_AOR_COVERART_vga.jpg


ひげ面のオッサンorオニーサンがこっち睨んでるパターン多し。

右上のは実は銀残しみたいな微妙なカラー。右下のは白黒写真に多少色を乗っけてる「昔の総天然色」パターン。

しかしこうしてみるとネッド・ドヒニーの好青年ぶりとドナルド・フェイゲンの渋男ぶりが際だつな。
関連記事

ジャケ買い

050402_chuckloeb.jpg

CDをジャケ買いしてアタリだと勝った気がする。なにかに。
輸入盤50%offコーナーだったりすると尚更。
ジャケットの雰囲気とレーベル、載っていればプロデューサー。
SmoothJazz系レーベルならSHANACHIEとかNARADAとか。
それだけを頼りに選ぶ。
ギャンブルをまったくやらない私の代替ギャンブルだろうか。
関連記事